通販の物流がスムーズに行われる条件

インターネット通販で物を購入することが当たり前になってきた時代ですが、それを支えているのが物流で、その重要性は年々高まっています。各大手通販会社は物流を確保することを優先し、またそれに伴い配送業者も新しい大型の拠点の設置や人員の確保、新しいサービスを提案するなど、配送サービスの高度化に追われている状態です。この物流をスムーズにすることは、売り上げ向上に繋がるのです。一番の足かせになる作業は出荷業務です。これにはピッキング作業、検品作業、梱包作業があり、まずアナログで改善すべきものはピッキング作業と言われ、受注品を倉庫内から選び出すことです。実はこの作業が一番時間は掛かります。そこでロケーション管理と言われる、保管管理の効率化を図ることです。大手通販会社はバーコードを使用した保管管理を採用し、非常にスムーズな物流を可能にしました。

通販の物流の基本的な流れと重要性

利用者が早く、安く、確実に欲しい商品をネット通販で入手できるようになった陰で高度な発達を遂げてきた物流ですが、単純に物を運ぶ作業だけではありません。物流には多くの工程があり、まず受注業務があります。受注時の伝票や情報の管理することから物流は始まります。そして在庫の確認、出荷指示、出荷準備、検品、配送、納品となります。納品した後に返品などがある場合は、代替品の手配やリサイクルや廃棄などの業務があり、これも物流業務にあたります。物流の業務はそれに関わる人達との連携が大切です。この中の工程の一つでも混乱すると納期が遅れてしまい、企業全体に影響を及ぼしかねません。この物流の重要性が企業の未来を左右するといえます。また市場の販促動向に従って合理的に生産や仕入れ、物流を行うことをロジティクスといい、きちんと機能させることでコスト削減と売上増加に繋がります。

現代の通販における物流の問題と課題

私たちの暮らしで物流が正常に機能していることが当たり前の状態であって、その重要性に気付くのは機能不全から起こる不便さが起こった時でしょう。物流が機能不全に陥ってしまうと、日本経済は大きなダメージを負います。しかし、最近人手不足によりその危機に晒されています。なぜならネット通販での発注の激増により、配送業務がそれに追いついていないからです。またトラックドライバーの求職者数も年々減少傾向にあり、負担は増えているのに、人材が不足している中で、就労形態、長時間労働、低賃金という厳しい労働環境です。そこで、今後は業務の効率化、どこの業務に負担が掛かっているか見直しを行い、その上で発送拠点の見直し、発送料の調整など行う必要があります。さらに労働環境の改善も大切です。若者や女性が働きやすい環境を作ることが大切です。