通販の物流が円滑に行われることの重要性

物流を制する者は業界を制すると言われているほど、通販において物流が円滑に行われていることは重要なポイントとなります。まず生産性をアップするためには、一人の人間が一時間で、どの程度の作業や処理を行うことができるのかを正確に把握することが大切です。生産性を示す単位にMHがあり、Mが人でHが時間を指しており、その数値を基に最適な要因計画を作成し、人員配置を見直すことで作業ごとに人員の過不足を把握することができます。また作業自体のロスを無くすことも重要です。作業の正確さや真面目さ、速度など個人差はありますが、ミスが目立つ人には指導していくことも大切です。通販を利用する人が増え、以前にもまして物流量は大幅に増加しています。円滑に物流を動かすことで、業界で勝ち残ることができるのです。

通販の物流が消費者に届くまでの流れ

メーカーから流通業者を経由して、私たち消費者の手元に来るまでの輸送や保管によって、物が物理的に移動する流れのことを物的流通、物流と呼んでいます。1950年代頃までは物流という概念は日本にはありませんでした。しかし1960年代半ばの大量販売、大量生産の流れによって大量輸送が求められたことによって、物流の近代化を政府が掲げ、道路の整備などを急加速で進めることとなりました。東名高速道路が開通したのもこの時期です。通販などを取り扱っている企業側も物流の重要性を意識するようになり、機械化、自動化された物流拠点を全国各地に建設し、現在に繋がるような近代的な物流体制が整えられたのです。物流とは輸送や保管だけでなく、包装や荷役、流通加工、情報管理に至る6つの諸活動によって構成されています。

通販の普及で高くなる物流の重要性

ありとあらゆる取引がインターネット上で可能ですが、ネット通販では瞬時に情報を伝えることはできても、注文した物を運ぶことはできません。ネット時代を迎えている現代では、実際に物を運ぶ役割を担っている、物流機能の重要性が以前よりも増して高まっています。特に物流の高度化において競争力が大きく左右するのは、ネット通販業界です。他の小売業と同様に専門の物流業者に物流を任せているのが多いですが、中には自ら自社の物流機能を整備している会社もあります。これらの先駆けとなる企業は、徹底して合理化を進めており、その独自の物流システムの確立によって送料無料や、当日配送、時間指定などのサービスを実現し、ネット通販業界の物流におけるスタンダートを次々と塗り替えています。また巨額な利益を物流設備の投資にあてるなど、注目度の高さが伺えます。