通販の物流の仕組みを解説します

生産者から消費者まで、物品を届けるための一連の流れを物流と呼びます。通販の場合だと、消費者が購入者となって申し込みをしてから商品が手元に届くまでが流れです。通販の仕組みが購入者に齎すメリットとして一番大きいのが、店舗に行って商品を選び、人目に触れなくても購入を決定できる所です。特にネット通販の場合だと、欲しい商品情報をいち早く手に入れられ関連商品の紹介を受けられるメリットも期待できます。物流で商品が破損する確率が高いのが、運搬のノウハウを持たない一般の購入者が商品を運ぶ際に破損したり紛失したりするケースです。通販なら、商品の取り扱いを知っている販売者や運搬のノウハウを持つ運送業者によって安全に商品を手に入れられる確率が高いです。万が一商品が壊れていた場合にも、すぐに連絡すれば返品や返金、もしくは交換というサービスを受けやすいです。

通販の物流の基礎を実際の流れで解説します

通販を実際の物流に沿って説明します。一番初めは購入者が広告やネットで商品情報を知って注文し、請け負って取引が開始されます。物品を動かす流れで最初に行われるのは生産者が材料を調達する調達物流と、それを商品として加工して販売拠点や倉庫まで運ぶ生産物流です。次の段階では販売者が商品を購入者に渡す販売物流になります。販売所や倉庫で保管されていた商品を購入者が指定する場所まで届けるのが配送物流です。場所は、最寄りのコンビニなどの一時預かりだったり自宅だったりします。ちなみに、商品になんらかの不良や返品があった際には、商品を購入者から販売者に届ける回収物流が発生します。通販の物流の要になるのが、いかに商品の情報や物品自体を無事に流通させるかになります。商品管理が杜撰であればトラブルの元となり、要らぬトラブルを招き寄せてしまうかもしれません。

最近変わってきた通販の物流の特徴

通販の物流が問題としてきた点を改善すべく、様々な試みが日々進められています。購入者が商品を受け取る日時指定ですが、商品によって受付が出来る注文フォームを変更し、短納期対応が難しいものは数日後からの注文になるようにプログラムしてクレームが起こらないようにする試みです。一昔前は家や職場に届けるのが原則でしたが、コンビニの普及に伴ってコンビニに預けるサービスも広まりつつあります。購入者が預かり期限内にコンビニに取りに行けるのがメリットです。この方法であれば、受け取り時に不在だったなど運送業者と対面して起こるトラブルを未然に防げます。ネット画面の注文フォームによっては、支払い方法や配送業者まで選べるようになりました。温度や湿度、鮮度が原因で取り扱いが難しいケースでも、運送業者の技術の発達で難しいニーズにも対応できるようになっています。